Back to List

Sample Image

Photo:石井紀久/Blitz Studio

hundehutte/フンデヒュッテ

所在地:宮崎県延岡市
主要用途:アトリエ+交流施設
設計:第一工業大学根本研究室+川崎幸彦
施工:第一工業大学根本研究室+川崎幸彦+位田達哉
延床面積:71.05m2
写真:石井紀久/Blitz Studio
完成:2013年
掲載:商店建築2014年8月号


 絵本作家のアトリエにコンサートなどの交流イベントを催す場所を併設した店舗兼地域交流施設です。通常、建築には使わない材料を再評価し、その特性をいかした構造体を開発することと、大学と地域が連携し活性化を図ることを目的として取組んだプロジェクト。現在は、学校帰りの子供達も集まる賑やかな場所になっています。

 延岡市の製材所からカマボコ板をつくる過程で不良品としてうまれるモミの端材を主材料としています。この端材は、ストーブの着火用などとして処分されていましたが、軽量で柔らかいことと大きさがある程度同じであることが特徴です。家型の部分はアトリエとして使用し、その間に生まれる隙間を交流や展示の場所として計画しました。


hundehutte

Location: Nobeoka, Miyazaki
Principal use: Atelier with Local community center
Architects: Architectural design lab., DIT
      Sachihiko Kawasaki
Production: Architectural design lab., DIT
      Sachihiko Kawasaki, Tatsuya Inden
Total floor area: 71.05m2
Photo: Toshihisa Ishii
Year: 2013
Published: SHOTENKENCHIKU, August, 2014


The atelier with local community room located in the Nobeoka, Miyazaki. This work is one of the project for reevaluate of local material and create the new structural method regarding which characteristics. Scrap of Fir plate occurred from local lumber mills as a defective products. These material had been used for the ignition of the fire stove or discarded. Handiness with lightweight and mostly same size are advantage of this material. We have developed structural unit, Fir plate scrap connects each other in the shape of a staggered grid. House shape use as atelier, between them use for exhibition or some other activity.

  • Sample Image01
  • Sample Image02
  • Sample Image03
  • Sample Image04
  • Sample Image05
  • Sample Image06
  • Sample Image07
  • Sample Image08
  • Sample Image09
  • Sample Image10
  • Sample Image11
  • Sample Image12

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

pagetop