Back to List

Pylon スパイラル

国際野外の表現展比企2007出展作品

所在地:埼玉県比企郡 東京電機大学理工学部キャンパス
主要用途:展示・休憩施設
設計・制作:東京電機大学岩城研究室と協同
構造:パイロン
直径:3m
長さ:5m
2007年


パイロンをスパイラル状に連結してゆくことでその中央に筒状の空間を現象させる。パイロンは、色や部位によって主材のプラスチックの厚さが異なり、荷重を与えたときの変形が個体によって異なる。一つ一つのパイロンの強度は弱いが、?かれた林檎の皮のようにリボン状に結束し、これをPPバンドで円弧状に連結することで安定した構造となる。内側で圧縮力を負担させ、頂部を結ぶPPバンドに引張り力を負担させている。


Pylon Spiral

Exhibition: International Openair Expressions 2007 in Hiki
Location: Hiki, Saitama
Design and Production: Architectural design lab., TDU
Principal use: Folly
Diameter: 3m
Height: 5m
Length: 5m
Structure: pylon
Year: 2008


Sample Image

Photo: SN2studio

  • Sample Image01
  • Sample Image02

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

pagetop