Back to List

Pylon arch

国際野外の表現展比企2008出展作品

所在地:埼玉県比企郡 東京電機大学理工学部キャンパス
主要用途:展示・休憩施設
設計・制作:東京電機大学岩城研究室と協同
構造:パイロン
幅:4m
長さ:6m
高さ:2.5m
2008年


パイロンでアーチ状の空間をつくるインスタレーション。パイロンとPPバンドで制作した。先端とベースを相互に連結し、アーチ状の構造体ユニットを構成する。1列のユニットだけでは不安定で自立できない弱い構造体だが、連結させることで安定したトンネル状の空間が形成される。このユニットを反復連結すると、どのような長さのトンネル状空間でもつくることができる。


Pylon arch

Exhibition: International Openair Expressions 2008 in Hiki
Location: Hiki, Saitama
Design and Production: Architectural design lab., TDU
Principal use: Folly
Width : 4m
Height : 6m
Length : 2.5m
Structure: pylon
Year: 2008


Sample Image

Photo: SN2studio

  • Sample Image01

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

pagetop