Back to List

Sample Image

Photo:石井紀久/Blitz Studio

新聞紙イグルー

出展:環境アートフェスティバル
所在地:鹿児島市、環境未来館
主要用途:休憩施設
設計・制作:第一工業大学根本研究室
構造:紙風船組積造
完成:2012年


 イグルーは、エスキモーの言葉で家。主に極寒状況の狩猟先で寒さをしのぐシェルターとして用いられ、日本のかまくらに類似しています。猟に出かけた「その環境にある材料(雪など)」を用いてつくられます。このプロジェクトでは、都市に暮らすわれわれの環境にある材料の1つとして「古新聞紙」を用いてイグルーを制作しました。紙風船のように新聞紙をふくらませたブロックを積み上げてドーム状の空間をつくりました。


Newspaper Igloo

Exhibition: Environment Art Festival
Location: Kagoshima Museum of Environment, Kagoshima
Design and Production : Architectural design lab., DIT
Principal use: Folly
Structure: Balloon of used news paper
Year: 2012


Igloo is a shelter of the Eskimo to protect from extreme cold conditions at the hunting site. It made by local material at there like snow. This project was made by used newspaper as local material in the city. Folding the newspaper become inflatable block as like a ballon, and stack.

  • Sample Image01
  • Sample Image02
  • Sample Image03
  • Sample Image04
  • Sample Image05
  • Sample Image06

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

pagetop