Back to List

球磨のバンガロー

くまもとアートポリス設計競技2005応募案

所在地:熊本県球磨村
主要用途:バンガロー
構造:木造
階数:平家
延床面積:29.4m2
2005年


 この計画は、木材という線形材料を組積することによって空間を得ようとする提案。使用するのは、現場足場や杭として用いられている丸太。安価で様々な長さが流通している。丸太の積重よって立ち現れるのは、「円/点」で外形の与えられた内部空間である。丸太のあいだからは、外光が回りこみ1本1本に輪郭を与え、柔らかい反射光となって室内に導かれる。夜にはこれが反転し、線上の光が周囲を照らす。ところどころの丸太が抜かれ、球磨川へと広がる風景を望む窓となっている。


Bungalow at KUMA

Location: Kuma, Kumamoto
Architects: Shuhei Nemoto / SN2studio
Principal use: bungalow
Total floor area: 29.4m2
Structure: wooden masonry
Number of stories: 1
Year: 2005


This project intend to configure the space by log masonry. Materials are log, which used as a scaffold and piles, also distributed in various lengths at low cost. Log masonry, especially circular surface of the log "dot" forms the contour of internal space. Reflected soft light enter the internal space from wraparound the dot.

Sample Image

Photo: SN2studio

  • Sample Image01
  • Sample Image02

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

pagetop